バイエルン・ミュンヘンのジェローム・ボアテング【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンに頼もしい男が復帰してきた。

 現地時間12日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)でバイエルンはホームでアンデルレヒトと対戦し3-0で勝利した。この試合でドイツ代表DFジェローム・ボアテングは途中交代で115日ぶりの出場を果たした。

 ボアテングは昨季リーグ戦最終節の対フライブルク戦で右太ももを痛め途中交代を余儀なくされた。その後、賢明なリハビリを経てこの日ついにカムバックを果たした。なお、77分から出場したボアテングは90分にチーム3点目となるアシストも記録している。試合後29歳は自らのツイッターで「やっと戻ってきた。ピッチに立った気持ちを忘れそうになっていた」とツイートしている。

 昨季のボアテングは肩の怪我などもありリーグ戦わずか13試合のみの出場となっていた。

text by 編集部