わんわんパトロール隊員のビッツ

写真拡大

 ランドセルを背負った子どもたちと、抜きつ抜かれつしながら歩く、かわいらしい犬たち。一見、ごく普通のお散歩風景に見えるけれど、こう見えて彼らは、お仕事真っ最中なのである。

「ぼくたちは“わんわんパトロール”の隊員だから気を抜けないんだよね。ほらみんな、車に注意してね!」

“わんわんパトロール”とは、犬たちの散歩をしながら子どもたちの安全を見守るという活動。ここ調布市ではビッツをはじめ、120名ほどの飼い主が参加しているという。

「犬はお散歩するのが日課だから、無理なく活動できるのがいいよね」

 調布市では隊員の目印として、バンダナとバッグを配布。「身に着けることで、この地域は防犯の意識が高いってことをアピールできるから、結果的に犯罪率が低下するんだって。楽しくお散歩するだけで役に立つなんてうれしいな」

 パトロールの時間は特に決まっておらず、コースも自由。ビッツの場合、

「朝は子どもたちが登校する8時前後にお散歩するようにしてるんだ。夕方も、できるだけ下校の時間に合わせるようにママが気を配ってるよ」

 夏休み明けで学校に行くのがちょっと億劫な子どもたちも、かわいい見守り隊と一緒なら楽しく元気に通えること間違いなし!

“わんわんパトロール”は、犬の散歩をしながら防犯に貢献するボランティア活動。全国各地に広がっているので、愛犬と参加したい場合は区や市に問い合わせを。

【プロフィール】
名前:ビッツ ♂
年齢:8歳 種類:犬(トイプードル)
勤務先:調布市総務部総合防災安全課生活安全係
職種:わんわんパトロール隊員
主な仕事内容:お散歩しながらパトロールして、地域の安全を守る。
お給料:パパの晩酌の、おつまみのお裾分け。 お肉が大好き!!
好きなこと:とにかくパパが好き。パパと一緒にいれば幸せ!
嫌いなこと:パパの機嫌が悪いこと。
現在の悩み:夏は毎日暑くて、お散歩の時間が限られること。
将来の夢:いつまでも元気にわんわんパトロールを続けたい!

撮影/山口規子

※女性セブン2017年9月21日号