左からポーラショップのBDの柳田さん、今井さん、飯田さん、福山さん

写真拡大

 平塚周辺のポーラショップ(大手化粧品メーカー・ポーラのショップ)の平均売り上げは、月間平均200万円程度だが、飯田芳子さん(85才)がショップオーナーを務める平塚西口店は平均を大きく上回り、250万円に達する。それを担っているのは、高齢のBD(ビューティーディレクター)たち。このショップでは60才以上の女性が10人も働いているが、皆昨日今日入ってきた人たちではない。長年飯田さんと共に、その美意識を共有してきた盟友だ。

 働き始めて45年、同店売り上げNo.1を誇るBDの福山恭子さん(78才)、20年間、農業をやりながら仕事を続けてきた今井小夜子さん(61才)、ショップの事務スタッフの柳田千鶴子さん(69才)ら、飯田さんと気の置けない仕事仲間が美容について語り合った。

飯田:パーツでいうと、眉毛の形で表情や印象も変わりますから、眉毛のお手入れやメイクは特に大事だと思います。

今井:流行はありますが、高齢になれば、流行よりも自分に似合う眉毛の形を見つけることがいちばんなんです。

福山:それでも基本形はありまして、3分の1上げて、3分の1下げる。これが基本です。眉頭から3分の1上げてトップは平らに、目尻の3分の1は下げる。これを心がけてください。かなり印象も違ってくると思います。

柳田:年を重ねた人は、眉頭を少し太めに描くと、若々しくなります。眉毛の扱いはとにかく丁寧に。いい加減にやると、いい加減な顔にしかなりません。どのパーツも流行よりも、ベーシックなやり方を大切にした方がいい。それはスキンケアにもいえることです。

今井:私は毎日、農作業に出かけますが、やはり日焼けはいくつになっても気になります。今日は焼けたな、と思うときは、洗顔してまず保湿。徹底した保湿をします。化粧品を販売する側が、シミがいっぱいある顔をしていたら説得力がないですものね。日焼けしても、きちんとケアすれば大丈夫です。

福山:あとは食事が大事ですよね。いい加減なメイクをしていたらいい加減な顔にしかならないように、中からの活性化も大事。食生活に気を使うとともに、摂取できない分は健康食品を使うのもいいのではないでしょうか。

飯田:皆さん、もう少し頑張って働くためにも食事をしっかりとって、明日からまた頑張りましょう!

※女性セブン2017年9月21日号