12日午後1時10分ごろ、安中市中宿の建築材料製造「高崎アスコン」から、「従業員がベルトコンベヤーに挟まれた」と119番通報があった。

 同社員の多胡禎久さん(57)=高崎市上里見町=が意識不明の状態で発見されたが、搬送先の病院で死亡が確認された。

 安中署によると、多胡さんは工場内で1人で清掃作業を行っていたが、発見時、材料を流す筒とコンベヤーの間に挟まれた状態だったという。

 同署は業務上過失致死の疑いも視野に入れ、詳しい事故原因を調べている。