<秋場所3日目>照強をとっくり投げで破る大成道(上)

写真拡大

 ◇大相撲秋場所3日目 ○大成道―照強●(2017年9月12日 両国国技館)

 新十両の大成道が照強戦で珍手「とっくり投げ」を決めた。

 相手の頭を両手で挟み付けてひねり倒す技で、十両では15年夏場所9日目に旭日松が大翔丸を破って以来の決まり手となった。

 突き押し相撲の大成道は「距離を取るために押していこうとしたら決まった。投げで勝つことは少ないので、決めるつもりは全然なかった」と驚いていた。