<ダブル世界戦タイトルマッチ前日調印式>代表質問に答える岩佐亮佑

写真拡大

 ◇IBF世界スーパーバンタム級タイトルマッチ 王者・小国以載≪12回戦≫同級3位・岩佐 亮佑(2017年9月13日 エディオンアリーナ大阪)

 挑戦者の岩佐は「ラストチャンス。人生の分岐点になる日」と試合に懸ける思いを表現した。

 2年前にバンタム級の暫定王座決定戦でハスキンス(英国)に敗れ、今回は1階級上げての再挑戦になる。前回は敵地英国でKOを狙うあまりに、前掛かりになり過ぎて倒された。「あの負けを生かせるように頑張りたい」と今回は対応力で勝負する。戦略性に富む小国に対応するため、ノニト・ドネア(フィリピン)や亀田和毅(協栄)らタイプの違う選手と100R以上スパーを消化した。「小国選手の作戦に引きずり込まれないことが大切」と冷静さを保って、勝負に臨む。