先制ゴールとなるPKを決めたバイエルンFWロベルト・レワンドフスキ

写真拡大

[9.12 欧州CLグループリーグ第1節 バイエルン3-0アンデルレヒト]

 UEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)のグループリーグが12日に開幕した。グループBのバイエルン(ドイツ)はホームにアンデルレヒト(ベルギー)を迎え、3-0で勝利した。

 バイエルンは0-2で敗戦を喫したブンデスリーガ前節のホッフェンハイム戦から先発4人を変更。今季から新加入のFWハメス・ロドリゲスやDFニクラス・ズーレ、ベテランのFWアリエン・ロッベン、FWフランク・リベリが新たに起用された。

 先に決定機をつくったのはホームのバイエルン。前半11分、MFコランタン・トリッソのロングボールに反応したFWロベルト・レワンドフスキがPA内に抜け出すと、後ろから追ったDFスベン・クムスが腕をかけて倒し、PKの判定が下された。

 ファウルを犯したクムスにはレッドカードが提示され、前半早々にアンデルレヒトは数的不利を強いられる。PKはレワンドフスキが左に落ち着いて蹴り込み、戦力で勝るバイエルンが先制点を奪った。

 その後はハメス・ロドリゲス、ロッベンがシュートを放ち、バイエルンが優位に試合を進めるが、10人のアンデルレヒトも持ちこたえる。前半41分、左サイドを突破したMFリエンダー・デンドンカーのクロスにフリーでFWニコラエ・スタンチュが合わせ、あわや同点という決定機もつくった。

 1-0で折り返した後半2分、バイエルンはトリッソがゴール正面から鋭いシュートを放ったが、GKマッツ・セルスが横っ飛びでセーブ。後半も先にチャンスをつくったが、なかなか決めきれない。

 すると、8人で中央を固めて守り、2人がカウンターに備えるアンデルレヒトも攻撃の機会をうかがう。後半4分、MFウカシュ・テオドルチュクのパスを受けたFWアレクサンドル・キプチュがPA内でシュートを放ち、右ポストを叩いた。

 ところが後半20分、数的優位のバイエルンがようやくスコアを動かした。右サイドに走り込んだキミッヒが、中央からの鋭いパスにダイレクトでクロスを配給。DFとGKの間に丁寧にコントロールされたボールは、MFチアゴ・アルカンタラが落ち着いて流し込んだ。

 バイエルンは後半32分、今季の公式戦デビューとなったDFイェロメ・ボアテングをDFハビ・マルティネスに代えて投入。同33分にはリベリを下げてFWトーマス・ミュラーを入れ、さらに得点を狙った。

 そうした後半45分、ボアテングのパスを受けたキミッヒがPA内に進入。1対1となった相手GKを冷静にかわし、無人のゴールにシュートを流し込んだ。このまま試合は終了し、バイエルンが3-0で勝利。昨季のドイツ王者がベルギー王者を下し、欧州の舞台で好スタートを切った。

 バイエルンは欧州CL次節、27日にアウェーでパリSG(フランス)との首位攻防戦を迎える。アンデルレヒトはセルティック(スコットランド)と対戦し、今大会初勝利を狙う。


●欧州CL17-18特集