VMwareのPat Gelsinger CEOと、Amazon Web ServicesのAndy Jassy CEOが揃って登壇  Photo by Katsuyuki Ohkawara

写真拡大

 VMware最大のプライベートイベントである「VMworld 2017」が、2017年8月28日〜30日(現地時間)の3日間、米ネバダ州ラスベガスのマンダレイベイコンベンションセンターで開催された。

 全世界から2万3000人以上が事前登録を行い、日本からも約300人が参加。会期中には、基調講演をはじめ、500以上のセッションが行われたほか、展示会場には220社以上が出展した。

 昨年から会場をラスベガスに戻し、14回目を迎えた今年のVMworld 2017のテーマは、「I AM(アイアム)」。会場のあちこちに、「I AM A PIONEER」、「I AM AN INNOVETER」、「I AM BUILDING TOMORROW」などのメッセージが、人の写真とともに掲示され、これらを具現化している先進的な顧客にフォーカスする姿勢を強調。それをVMwareが支援するというメッセージにつなげている。日本でも10月31日、11月1日の2日間、東京・芝公園のザ・プリンスパークタワー東京で、プライベートイベント「vFORUM 2017」を開催するが、ここでも同様のメッセージを前面に打ち出すことになりそうだ。

クラウド業界が激震する
世紀の大提携

 今回のVMworld 2017の最大の目玉は、なんといっても、Amazon Web Services(AWS)との協業による「VMware Cloud on AWS」の正式発表だ。

 両社は、2016年10月に戦略的提携を発表して、VMware Cloud on AWSの提供を開始することを明らかにしていたが、初日の基調講演では、VMwareのPat Gelsinger CEOと、Amazon Web ServicesのAndy Jassy CEOが揃って登壇。VMware Cloud on AWSの提供開始を宣言してみせた。会場が最も盛り上がったのはこの瞬間だった。

 VMware Cloud on AWSは、コンピューティング、ストレージ、ネットワーキング、セキュリティを統合したVMware Cloud Foundationを活用し、AWSインフラのベアメタル上で稼働。VMware上で稼働するエンタープライズ向けSoftware-Defined Data Center(SDDC)ソフトウェアを、AWS Cloud上で利用できる。

 まずは、米オレゴンにあるAWSのデータセンターを活用し、米国西部リージョンに限定してサービスを提供。その後、米国東部に展開したあと、来年末までに、日本や中国を含む全世界のAWSのデータセンターでサービスを提供する予定だ。

 VMwareのGelsinger CEOは、「VMware Cloud on AWSによって、VMwareの上で稼働していたエンタープライズアプリケーションを、パブリッククラウドであるAWS上へと移行することができる。つまり、いま使っているアプリケーションを、パブリッククラウドで使えるようにし、さらにオンプレミスとのハイブリッド環境も実現できる。また、未来のアプリケーションも同時に使うことができる。VMware Cloud on AWSは、シームレスな環境が実現でき、CIOが抱える課題を解決できる」と期待する。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)