横浜市立大学附属市民総合医療センターの高度救命救急センターは、年間約150人の自殺企図者を受け入れている

写真拡大

今週(10〜16日)は自殺予防週間だ。一度、自殺を試みた人が再び自殺しようとする確率は高く、何らかの精神疾患を抱える人が多い。横浜市立大学附属市民総合医療センター・救命救急センターでは、自殺未遂患者を「再び自殺させない」という考えで、救命救急と精神科が連携し、精神科医が常駐している。医療現場の実態などについて、日野耕介医師に聞いた。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

搬送されてきたのは
以前診た「再自殺者」だった

 横浜市立大学附属市民総合医療センター・救命救急センター。救急搬送されてきた患者の顔を見るなり、日野耕介医師は「頭の中が真っ白になった」。

 数ヵ月前にも自殺を図り、搬送されてきた患者だったからだ。

 日野医師は、救命救急センターに常駐する、日本でも数少ない精神科医である。

「そういう時って、嫌な予感がするんですよね。なんだか落ち着かなくて、呼ばれてもいないのに救急外来に立ち寄ったら、その患者さんが搬送されてきたのです」

 懸命な蘇生もむなしく、患者の魂が戻ってくることはなかった。

 警察庁の統計によると、2016年の自殺者数は前年比2128人減の2万1897人で、7年連続で減少し、22年ぶりに2万2000人を下回った。

 一度でも自殺しようとした人が、再度、自殺をはかる確率は非常に高く、その後の自殺の最大危険因子と言われている。

 しかも、自殺をはかり、救急搬送された人の多くは、精神科の疾患を抱えている。その率は、横浜市大病院の場合、なんと9割以上。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)