ユベントス戦で2得点の活躍見せたメッシ

写真拡大

欧州チャンピオンズリーグ グループステージ グループD、FCバルセロナ対ユベントスの一戦が日本時間13日3:45にキックオフを迎えた。バルサがメッシの2得点で3-0と快勝した。

試合は前半は拮抗していたものの、後半はバルサが圧倒する内容となった。
前半はバルサがポゼッションで圧倒的に勝ったものの、堅守のユーベの牙城を崩せず、エリア手前でのボールロストが目立つ内容となった。一方のユーベもディバラとコスタを中心にカウンターで確実に枠内にシュートを放つがバルサから得点を奪えず。
しかし、前半終了間際のメッシのゴラッソを皮切りに、後半はバルサが試合の流れを完全に掴んだ。シュート数では試合を通してユベントスが勝ったものの、フィニッシュの精度でメッシとの差が出た。
ユベントスは最後には無名の選手をイグアインの代わりに投入する始末。

前半6分、デ・シリオがバルサゴールにシュート。テア・シュテーゲンが横っ飛びで危機を退けた。

前半16分、バルサのチャンスかと思われたロングパスがデンベレに通るかと思われたが、ユーベの守護神ブッフォンがラインから大幅に飛び出してボールをクリアするいぶし銀の判断。

前半19分、イニエスタが1人でゴール前に切り込んで絶好の位置でFKを獲得。メッシのFKは壁に当たり、跳ね返りをスアレスが枠内に狙ったが、ブッフォンがここもセーブ。

前半26分、ベンタンクールにイエローカード。

前半35分、セメドにイエローカード。

前半38分、バルサに好機。エリア内でデンベレがパスカットしてゴールを狙うも決めれず。

前半41分、ユーべは序盤で足を負傷していたデ・シリオに代えてストゥラーロを投入。

前半45分、バルサが先制。メッシがスアレスとのワンツーから最後はDFの足の間を通して逆側を突く技ありのシュートでブッフォンは全く反応できず。メッシはブッフォンから初のゴールを奪った。

後半7分、バルサに好機。メッシがエリア前で左足を振り抜いたが、シュートはポストに直撃。跳ね返りがブッフォンに当たったが、ゴールには入らず。

後半10分、メッシにイエローカード。不可解な判定だったが、主審に抗議した際に首元を触れたことが原因と思われる。

後半11分、バルサが追加点。メッシが右サイドをドリブルで駆け上がり、ゴール前のスアレスにグラウンダーのラストパスを送ると、これをストゥラーロがクリア。中途半端なクリアボールはエリアライン際に張っていたラキティッチに渡り、ラキティッチがネットに最後は突き刺した。

後半16分、バルザーニにイエローカード。

後半18分、ユーべはベンタンクールに代えてベルナルデスキを投入。

後半24分、バルサが勝利を決定づける追加点。またしてもメッシが決めた。デンベレのパスを受けたメッシがDF2人を横へのドリブルで引き離し、ゴール右端に鋭利なシュートを蹴り込んだ。

後半26分、バルサはデンベレに代えてセルジ・ロベルトを投入。

後半28分、ピアニッチにイエローカード。

後半32分、バルサはラキティッチに代えてパウリーニョを投入。

後半34分、スアレスがユベントスのネットを揺らすが、これはオフサイドの判定。

後半38分、バルサは大活躍のイニエスタに代えてアンドレ・ゴメスを投入。

後半42分、ユベントスは最後のカードに存在感は全くなかったイグアインに代えてカリガラを投入。

両チームの先発メンバーは以下の通り。
【FCバルセロナ】
GK
テア・シュテーゲン

DF
ジョルディ・アルバ
ユムティティ
ジェラール・ピケ
セメド

MF
イニエスタ
ブスケツ
イヴァン・ラキティッチ

FW
ウスマン・デンベレ
ルイス・スアレス
レオ・メッシ

【ユベントス】
GK
ブッフォン

DF
アレックス・サンドロ
マッティア・デ・シリオ
メディ・べネティア
アンドレア・バルザー二

MF
ブレーズ・マテュイディ
ミラレム・ピアニッチ
ロドリゴ・ベンタンクール
パウロ・ディバラ
ドウグラス・コスタ

FW
ゴンサロ・イグアイン