マネの3試合出場停止が確定! リバプールが出場停止軽減アピールもFAが棄却

写真拡大

▽イングランドサッカー協会(FA)は12日、マンチェスター・シティ戦で一発退場したセネガル代表FWサディオ・マネに対するリバプールからの処分軽減の申し立てを棄却したことを発表した。この決定によって、マネの3試合出場停止が確定した。

▽マネは、9日に行われたプレミアリーグ第5節のシティ戦で先発出場した際、最終ライン裏へのフィードに反応し、相手GKエデルソンと交錯。この際、空中に遭ったボールに対して、振り上げた足がエデルソンの横っ面に入ってしまい、裂傷と共に頭部に衝撃を受けたエデルソンは担架に乗せられて負傷交代を強いられた。そして、ジョナサン・モス主審はマネのこのプレーを危険行為と判断し、レッドカードが掲示された。

▽当該プレーに関してはマネがボールだけを確認しており、エデルソンを傷付ける意図がなかったこともあり、警告にとどめるべきだったとの指摘がされるなど、賛否両論のジャッジとなっていた。そして、リバプールもマネの出場停止期間の短縮を求めたが、FAの規律委員会はこの訴えを棄却。マネには通常の一発退場に科せられる3試合の出場停止が確定した。

▽なお、マネは今回の出場停止によって、バーンリーとレスター・シティとのリーグ戦2試合と、EFLカップ3回戦のレスター戦の合計3試合を欠場することになる。