Appleの新製品発表会で最初に発表された新製品は、Apple Watch Series 3でした。単体でモバイルデータ通信に対応するモデルを追加し、9月15日から予約受付を開始、9月22日に発売されます。

単体でのモバイル通信対応モデルを追加

Apple Watch Series 3は、単体での携帯電話回線での通信・通話に対応します。iPhoneと共通の電話番号を利用可能で、電話での通話のほか、Apple Musicの4,000万曲の楽曲にアクセス可能です。
 


 
本体サイズはSeries 2と同じまま、アンテナを内蔵しワイヤレスチップW2を搭載しています。SIMはカードではなく内蔵式のeSIMを利用しています。LTEモデルは、リュウズの側面が赤いのが特徴です。
 

 
セラミックモデルに新色グレーが追加されるほか、新しいデザインのバンドも発表されました。

9月15日から予約受付、22日に発売!


 
9月15日から予約受付、9月22日から発売され、日本は第一次発売国となります。
 
価格は、携帯電話ネットワークに対応したGPS+Cellularモデルは45,800円(税別)から、従来と同じく携帯電話ネットワーク非対応のGPSモデルは36,800円(税別)から、となっています。

 
AppleのYouTubeアカウントでは、イベントでの発表時に流れた動画がアップされています。
 

 

 
 
(hato)

 
 

あわせて読みたいiPhone8/8 Plus/X関連記事

iPhone8/8 Plus/Xの料金、性能を徹底比較特集ページiPhone8/8 Plus/Xを予約!オンラインでいち早く購入する方法まとめ