敵地で3発のペルセポリスがベスト4進出!《ACL2017》

写真拡大

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝2ndレグのアル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア)vsペルセポリス(イラン)が行われ、1-3でペルセポリスが勝利した。この結果、2戦合計3-5でペルセポリスが準決勝進出を決めた。

▽22日に行われた1stレグを2-2のドローで終えた両者の第2戦は、早い時間に動く。5分、モサルマンのロングフィードに反応したアリ・アリプルが相手マークを振り切りゴール前まで侵攻。冷静にゴール左隅にシュートを沈め、ペルセポリスが先制した。

▽幸先良く先制したペルセポリスだが、11分にカムヤビニアが相手の決定機阻止でレッドカードを提示され、退場処分となった。

▽数的有利となったアル・アハリ・ジッダが徐々に攻勢に出る。すると52分、相手ボック付近で細かなパス交換を見せると、最後はボックス左でボールを受けたアルジャマーンのコントロールシュートがゴール右に突き刺さった。

▽同点とされたペルセポリスだったが、83分に勝ち越しに成功する。左CKの混戦からこぼれ球をゴール前のモスレーが左足で押し込むと、これがゴールライン手前でブロックに入ったモタズ・ハサウィのハンドを誘発。このPKをメンシャが確実にゴール右に決めた。

▽勝ち越しに成功したペルセポリスは、試合終了間際にもタレミがゴールネットを揺らし、3-1で勝利。2戦合計5-3でアル・アハリ・ジッダを撃破したペルセポリスが、アル・ヒラルの待つ準決勝へ駒を進めた。

アル・アハリ・ジッダ 1-3 ペルセポリス

【アル・アハリ・ジッダ】

アルジャマーン(後7)

【ペルセポリス】

アリ・アリプル(前5)

メンシャ(後38)

タレミ(後49)