マンネリを引き起こす一番の原因は、ズバリ“単調さ”と“慣れ”にあります。つまり、定期的に「あれ? なんだか、いつもと違うな〜」と思わせることでマンネリは回避することができるということです。
また、「いつまでたってもすごく良い女で、オレにはもったいないくらいだ!」と思わせることも、いつまでもラブラブでいるためにはかなり有効な策だと言えるでしょう。彼からいつまでも愛され続ける愛され彼女になるためには、どのようなことに気をつかえば良いのでしょうか?
それではさっそくそのポイントについて、具体的に確認していくことにしましょう!

1) 言葉づかいを丁寧に!

言葉づかいは、丁寧にしておくにこしたことはありません! たしかに、「はぁ?」とか「おまえ、マジかよ!?」などと発言する彼女は、ちょっと男前すぎる気がしますものね。つまり、言葉づかいひとつで、“良い女”にもなれるし、そのイメージからかけ離れてしまうことだってあるということです。草食化が進んでいるとはいえ、やはり男性は女性らしくおしとやかな女性に魅力を感じるということなのでしょうね。

2) オシャレをする!

マンネリが気になる時期に突入するころには、オシャレに気を抜きがちになることも多いですよね。いつも同じようなコーディネートになってしまっていたり、よそ行きの服よりも、着ていて楽なファッションにシフトしてしまっていたり……。リラックススタイルで過ごすことが、ふたりにとってベストだというのであれば何も問題はないのですが、彼があなたのそばにいることが当たり前のように感じたからといって、その理由で手を抜くのは絶対にNG! やはり、オシャレには気をつかい続けていくのが吉。

3) 男性ウケするメイクをする!

ラブラブ期が過ぎると、メイクも手抜き化しがちになることもあると思います。彼も「ナチュラルメイクが好き」って言ってたし、これは一石二鳥かも――なんて考えだと、もしかして痛い目をみる可能性もあるかもしれませんよ〜? 男性は、ナチュラルすぎるメイクをすっぴんだと勘違いすることがけっこうあります。つまり、「また今日も“すっぴん”か〜」なんて、勝手にテンションが下がっていることも考えられるということです。愛され続けるためにも、デートメイクはそこそこわかりやすく気合いを入れるのがオススメ!

4) 向上心を忘れない

弱音もはけるし、愚痴もこぼせる。そういう関係って、すごくステキだと思います。だって、それって気を許しているからこそできる行為ですものね! でも、ネガティブな発言ばかりしていてはお互いに気持ちが滅入ってしまいます。弱音を吐くのは、向上心あってのもの――そのことを忘れないようにしましょう。

交際期間が長くなると、どうしても気を許しきってしまいがち。ついつい油断をしてしまうものなのですが、そこをグッとこらえて、女性の魅力を引き出す努力を忘れないようにすることが大切なんですね。そのツボさえおさえていれば、もう愛され彼女の称号はあなたのものになったも同然です!