11日、北朝鮮の最高指導者の金正恩氏が、サッカーのイングランド1部、プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンであることが分かった。写真はマンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアム、オールド・トラッフォード。

写真拡大

2017年9月11日、米華字メディア・多維新聞によると、北朝鮮の最高指導者の金正恩(キム・ジョンウン)氏が、サッカーのイングランド1部、プレミアリーグの名門マンチェスター・ユナイテッドの熱烈なファンであることが分かった。

【その他の写真】

英紙デイリー・メールが11日報じたもので、北朝鮮と太いパイプを持つイタリアの上院議員のアントニオ・ラッツィ氏がこのほど、サン紙とのインタビューで明らかにした。

それによると、金氏は「赤い悪魔」のファンであり、また北朝鮮人FWハン・グァンソンのイタリアでの活躍を大いに喜び、北朝鮮の「天才的な」選手たちが近い将来、プレミアリーグに進出することを期待しているという。

ラッツィ氏によると、金氏はスイス留学時代にサッカーに魅せられ、メジャーなトーナメントを欠かしたことはないとも語ったという。

今年4月、当時カリアリに所属していた18歳のFWハン・グァンソン(現ペルージャ)は、北朝鮮人選手として初めてセリエAで得点をマークした。(翻訳・編集/柳川)