C・ロナウド、「イングランドに戻りたい」発言 公判動画で再び世界に波紋

写真拡大

7月31日に脱税疑惑で出廷 公判時に動画がアップされ、ロナウドの発言が判明か

 レアル・マドリードのポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドは今シーズン開幕前、クラブからの退団騒動で各国メディアが大きく揺れた。

 その要因となったのはスペイン税務当局から嫌疑がかけられた脱税疑惑だ。7月31日にスペインの裁判所に出廷したが、ポルトガルメディア「Correio da manha」がその公判の様子を録画していたとスペイン紙「AS」が伝え、再び世界に波紋が広がっている。

 同紙はロナウドらしき人物が中央に座り、裁判官らに囲まれて質問を受けている約10分の動画をアップロード。ロナウドはレアルに在籍中の2011年から2014年にかけて、自身の肖像権について計1470万ユーロ(約19億円)にも及ぶ脱税がなされていたと告発された。それを受けての証言として、ロナウドは以下のように話したという。

「僕自身、イングランドにいる頃は何の問題もなかった。それが理由……いや、今言おうとしたことじゃない。イングランドに戻りたいと思うよ」

 この発言があったと報じられ、ロナウドの去就騒動が再燃する形となったが、法廷で実際に口にしていたことが判明した模様だ。それと同時にこうも話しているという。

脱税関与は否定、“賢明な人たち”の存在強調

「僕の周囲には僕のやっている仕事を正しく管理してくれている賢明な人たちがいるんだ。なぜなら僕はその方面に明るいわけじゃないからね。僕は学校に6年間通っただけだし、僕自身が知っている全てのことはフットボールだ。もし僕がもっと金額を支払わなければならないなら、スペインでさらに問題を起こさないようにするよ。支払うべきものは支払う。スペインでもイングランドでもイタリアでも……法律に従うよ」

 自身は脱税に関与しておらず、管理は周りの人に任せていることを強調していた。ロナウドは現在スペインスーパーカップ第1戦に主審を小突いたことで5試合出場停止処分を受けている真っただ中だが、法廷の様子まで報じられるなど、スーパースターとしての“有名税”を支払い続けているようだ。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images