アストロン限定ラインは天然ブルーサファイア煌めくエレガンスの象徴

写真拡大 (全4枚)

世界初のGPSソーラーウォッチである、セイコーの「アストロン」。2012年のブランド誕生から、今年で5周年となります。

それを記念し、数量限定の記念モデル「SBXB145」が11月10日より発売開始。アストロンならではの高い精度・品質のうえに、5周年にちなんだ5つの天然ブルーサファイアが贅沢に煌めくエレガントな一本が誕生しました。

セイコーアストロンの初代モデルが誕生したのは、2012年の9月。それにちなみ今回の記念モデルでは、9月の誕生石であるブルーサファイアがアワーマーク部に5つあしらわれています。ダイヤルリングのブルーのカラーリングと相まって静謐な雰囲気をもちつつも、6時から9時位置にかけて配置された立体的な金属パーツが華やかさも演出。


「SBXB145」は12時の位置に配置された大きなカレンダー表示が特徴的の、「8Xシリーズ ビッグデイト」シリーズの1本で、先進のGPSソーラームーブメントに、ビッグデイトカレンダー表示というクラシカルなデザインが融合した姿は、他のGPSソーラーウォッチとは一味違う風格があります。

アストロンとしてのテクノロジーももちろん標準搭載。ベゼルとフランジの下に格納された高感度のリングアンテナと、セイコー独自の自動時刻修正機能 “スマートセンサー” の組み合わせにより、常に正確な時刻を刻みます。

裏蓋には、Limited Editionの文字と1500本の数量限定を証明するシリアルナンバーも。11月10日より日本を皮切りに海外でも順次販売。希望小売価格は25万円(税別)となっています。

>> セイコーウオッチ

 

(文/&GP編集部)