@AUTOCAR

写真拡大 (全4枚)

ミニ・エレクトリック 次世代ミニのデザイン・コンセプト

2019年に生産が始まる「ミニ・エレクトリック」。そのデザイン・コンセプトが、フランクフルト・モーターショーで発表された。

かつて、600台のみ生産された「ミニE」の誕生から11年。ミニ・エレクトリックは、2019年から生産に入ることが公式にアナウンスされている。製造はオックスフォード工場で行われるという。

今回公開されたミニ・エレクトリックのデザインは、生産化モデルのヒントを与えているだけではなく、次世代型ミニのデザイン言語を示している点に注目しておきたい
 

たった6カ月 デザインの開発

ブランドのデザイン部門を率いるクリストファー・ウェイルは、ミニ・エレクトリックのスタイリング開発は、今年1月にはじまり、たった6カ月で完了したことを明かしてくれた。


「作業はスピーディでした。スムーズに進むプロジェクトというのは、出来がいいものです。時間を掛けたからといって、そうなるとは限りません。開発スピードが速いほど、アイデアは純粋になるものなのです」

「しかし、今回発表したのがコンセプトだということを、ご理解ください。電気自動車としてのミニが、どんな姿になるのかを示すものです。生産化モデルは、現在スタイリングの開発プロセスにあり、なにかをお話するにはまだ早すぎます」
 

ボディサイド 際立つ彫りの深さ

エクステリアには、バッテリー駆動だということを明確にしめす要素はそれほどない。


・フロントリップ
・サイドシル
・リアバンパー

この3カ所に、ラジエーターのような冷却フィンを確認できる。

また、前輪のホイールアーチ後部には、エア・エクストラクター・スロットが装備されている。後輪の前には、小型のスポイラーも見える。このために、ボディサイドは彫り込まれた造形となっており、R50/R56世代のミニとは異なったテイストになっている。

ミニ・エレクトリック・コンセプトには、インテリアが存在していない。車内の開発には、さらに2年が必要なのだという。しかし外観を見ただけでも、このクルマが、ミニをモダナイズするプロポーザルだということは明らかだ。
 

次世代型ミニ シャープな姿へ

ミニのキャラクターが、これだけ新しく変わったというのに、実は些細な変更しかくわえられていないことには驚かされる。


ウェイルによれば、

・グリーンハウスとルーフラインは現行車と同じ
・リアライトの配置も同じ
・トレッドは若干拡大
・ベルトラインは7〜10mm高い位置に移動

これだけである。

発表されたのはエレクトリック仕様のコンセプトではあるが、その姿には、シャープで、歯切れのいい、モダナイズされた次世代型ミニの姿を垣間見ることが出来よう。