中国・香港で、ドナルド・トランプ米大統領の元側近であるスティーブ・バノン前首席戦略官・上級顧問の訪問に抗議する活動家ら(2017年9月12日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】中国・香港(Hong Kong)で12日、ドナルド・トランプ(Donald Trump)米大統領の元側近であるスティーブ・バノン(Steve Bannon)前首席戦略官・上級顧問が同地を訪問することに対し、反人種差別を訴える活動家らが抗議を行った。活動家らはトランプ氏をかたどったマスクをかぶり、「ここではナチス(Nazis)は歓迎されない」などとシュプレヒコールを上げた。

 バノン氏は香港の高級ホテル「グランドハイアット(Grand Hyatt)」で予定された非公開の投資家向けフォーラムに出席することになっていた。同ホテル前に集まった活動家らは、「有毒なナショナリスト」と書かれたプラカードを掲げ、バノン氏を非難した。

 バノン氏がスピーチを行うフォーラムは中国最大手の投資銀行である中信証券(CITIC Securities)傘下で、香港を拠点とする証券会社大手「CLSA」が主催したものだったが、報道陣の取材はシャットアウトされた。
【翻訳編集】AFPBB News