犬が股に潜り込んでくる理由

座っていると、急に愛犬が股の間に顔を潜り込ませてきた、立っていたら自分の股の間に顔を潜り込ませてきたという経験はありませんか?

一見、何も考えずに楽しいからそうしているのかな?と思ってしまうこの行為ですが、実はしっかりと理由があるのです。まずは犬が人間の股に潜り込んでくる理由を4つご紹介いたします。

理由1:匂いを嗅いで相手を調査している

まずは匂いを嗅いで相手を調査しているという理由です。犬を飼っている人ならばご存じの方も多いと思いますが、犬社会では相手のお尻の匂いを嗅いで、相手の情報を収集するという行動があります。

犬のお尻からは肛門線分泌組織があるため、犬はここの匂いを嗅ぐことで「相手はどんなやつなのか」「どういう匂いを持っているのか」という情報を集めるのです。

上記の犬同士の交流方法を見てもわかるとおり、人間の股に潜り込んできた場合、犬社会において相手を知る方法であなたの情報を調査しようとしているのかもしれません。

特にまだ家に迎えて時間が経過していないという場合や、初めて会った人にこの行動をとった場合は、「あなたの情報をください」「どんな人か知りたい」という気持ちから股に潜り込んでいる可能性が高いでしょう。

理由2:リーダーとして認識している

人間の股に潜り込むという行為は、犬から見ると下から潜り込むということになりますよね。犬社会において、相手の上に立つという行為は「あなたより上の立場ですよ」という意味を持ちます。

犬の側からあなたに対して下になるような位置に来た場合、あなたのことを自分より上位の存在として認識しているということになります。

そのため、股というのは身体の中でも下の位置に当たりますので、犬はあなたに対してリーダーである、この人には従わなくてはいけないとしっかり理解しているという事になります。

ずっと一緒にいる飼い主さんの股に潜り込んだ場合は、この理由が考えられるかもしれません。

理由3:飼い主の匂いで安心感を得ている

犬は飼い主さんの匂いを嗅ぐ事で安心感を得る事があるという話は聞いた事がありますか?お留守番をしている際に、愛犬に寂しい思いをさせないよう、飼い主さんの匂いが付いているタオルなどを与えるという方法も紹介されています。

人間の股というのは、身体の中でも特にその人特有の匂いがある場所ですので、自分の飼っている犬からしてみれば、「一番飼い主さんの匂いを嗅ぐ事ができる場所」となってしまうのです。

なんだか人間側からしてみれば恥ずかしい気持ちになってしまいますが、自分の匂いを嗅ぐ事で安心したりリラックスしたりしようとしているということは、それ程、愛犬から信頼されているという事ですから、その気持ちは嬉しいですよね。

理由4:癖になってしまっている

先ほど飼い主さんの匂いを嗅ぐ事で安心感を得るために股に潜り込んでいるという話をさせて頂きましたが、頻繁に股に潜り込んでくるようであれば、これが癖となってしまっている可能性が考えられます。

もちろん、股に潜り込む以外にも飼い主さんを感じ、安心感を得る方法というのはたくさんあります。

しかし、股の間というのは狭いスペースのため、飼い主さんの匂いを嗅ぐ事ができ、尚且つ狭いスペースが落ち着く習性のある犬にとっては、個体差もありますが、特に安心感を得る事ができる場所でもあります。

そのため、それを何度か繰り返している内に癖となってしまい、日常の習慣化してしまっているのかもしれません。

股に潜り込む行為はどうするべき?

股に潜り込む理由としては、犬が好きでやっていることなので、「無理矢理やめさせるのは可哀想」と思ってしまう方もいるかもしれません。

しかし、これが習慣化してしまうと、所構わずするようになってしまう恐れがあり、飼い主さん自身が恥ずかしい思いをしてしまう可能性さえあります。

また、最初にご紹介したように、股に潜り込むという行為には「相手の情報を収集する」という理由も含まれています。もしあなたの家に来客があり、その来客に向かってこの行為をしてしまうと、犬とはいえ当然失礼に当たります。

そして人懐っこい犬であれば、散歩中に会った人に対し、この行為をしてしまう子もいるかもしれません。そうなるとマナー違反となってしまいますので、早い内から「これはいけない」ということをしっかり理解させる必要があります。

止めさせる方法として、まず叱る際には低い声で「ダメ」とはっきり伝えるということです。手で制するのも良いでしょう。続いて動きが止まったら、犬の元から離れます。そうすることで、「股に潜り込んだら飼い主さんが離れて行ってしまう」というネガティブな認識をするようになり、徐々に回数が減っていくでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬社会において、相手のお尻の匂いを嗅ぐというのは情報収集するための行為です。しかし、人間と共存している今、人間に対して行ってしまうとマナー違反になってしまうため、早い内から「ダメな事である」と理解させる必要があります。

皆さんも愛犬にこの行為をされた場合には、しっかりと叱り、外でマナーの悪い犬にならないよう躾を行いましょう。