パリ・サンジェルマンの本拠地パルク・デ・プランス【写真:Getty Images】

写真拡大

 現地時間12日に開幕する今シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)のグループステージで、最も高額な観戦チケットは1試合で約20万円にも達するという。12日付のスペイン紙『マルカ』が伝えた。

 CL開幕を迎えるにあたり、『マルカ』では出場チームごとのホームゲームのチケット代金のランキングを掲載。データのない4クラブを除く28クラブのチケットの最高料金と最低料金が紹介されている。

 最低・最高料金ともに全クラブ中で最も高額なのは、この夏の大型補強が話題となったフランスのパリ・サンジェルマン(PSG)。最低金額でも134ユーロ(約1万7600円)と高額だが、バイエルン・ミュンヘンと対戦する試合での最高額チケットはなんと1枚1492ユーロ(約19万6000円)とのことだ。この席種も含め、バイエルン戦のチケットはすでに完売している。

 チケットの最高料金がPSGに次いで高いのはロシアのスパルタク・モスクワとCSKAモスクワで、ともに584ユーロ(約7万6600円)。だが最低料金はスパルタクが29ユーロ(約3800円)、CSKAが22ユーロ(約2900円)と割安であり、席種による金額差が大きいようだ。

 王者レアル・マドリーは、APOELと対戦する試合では最低25ユーロ(約3300円)というチケットも販売している。リバプールは、枚数が限られるものの10ユーロ(約1300円)という格安チケットも販売。データが紹介されている中で最も安いチケットはシャフタール・ドネツクの5ユーロ(約650円)となっている。

text by 編集部