ルーニーはクラブに同情的な休暇を求めず…妻の要請には応えない方針

写真拡大

▽サッカー界から離れることを妻に要請されていたエバートンの元イングランド代表FWウェイン・ルーニーだが、本人にその気はないようだ。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。

▽ルーニーは、8月31日に飲酒運転を犯し警察に逮捕。18日に裁判所に出廷することとなっている。この件を受け、妻であるコリーンさんが、4人目の子供を妊娠していることもあり、ルーニーに対しサッカーから離れることを要求したと報じられていた。

▽しかし、『スカイ・スポーツ』によるとルーニーはクラブに対して同情的な休暇を求めることはしていないとのこと。ロナルド・クーマン監督に対しても、そのようなことを要求する計画はないとのことだ。

▽ルーニーは、マンチェスター・ユナイテッドから13年ぶりに古巣に復帰。開幕戦ではいきなりゴールを記録するなど活躍を見せ、9日に行われたトッテナム戦(0-3で敗戦)にも90分間のフル出場を果たしていた。