バルベルデはイニエスタについて語った

写真拡大

FCバルセロナの監督、バルベルデの記者会見ではアンドレス・イニエスタの将来が再びテーマの1つとなった。
指揮官は「最終的にこの類の決断は非常に個人的な話だ」と強調した。
「1人1人が自分の人生の持ち主だ。私はアンドレスがプロジェクトの一部である事を感じ、落ち着いて最大限の貢献をしてくれる事を願っている。だが、それはアンドレスだけでなく、その他の選手に対しても同じだ。」

またバルベルデはアンドレス・イニエスタの出場時間の管理について言及した。
彼はあまり多くのヒントは出さなかったが、イニエスタがスペイン代表とバルサで短期間に多くの試合に出場したため、今後数試合のどこかで休養を取る可能性をほのめかした。

「我々は(休養を与える程度に関して)彼とどのようなプランを組むか見ていくだろう。私はアンドレスが持つポテンシャルを忘れていない。彼は多くの試合に連続で出場すれば、それを考慮しなければならない年齢にあるが、それは彼だけではない。ブスケツやラキティッチも同様だ。今後の試合でそれを確認するよ。」
バルベルデはそのように語った。