試合結果を操作したとされるジョセフ・ランプティ氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 南アフリカサッカー協会(SAFA)は12日、国際サッカー連盟(FIFA)からの指示に従い、ロシア・ワールドカップ(W杯)アフリカ3次予選のセネガル戦の再試合開催に応じることを表明した。

 アフリカの最終予選にあたる3次予選グループDの南アフリカ対セネガル戦は昨年11月に開催され、ホームの南アフリカが2-1の勝利を収めた。だが、この試合での判定が大きな騒動を引き起こすことになった。

 セネガルの選手がハンドを犯したという判定で南アフリカはPKを獲得して先制点を決めたが、リプレイではボールが足にしか当たっていないことが明らかに確認された。FIFAは今年3月に、ガーナ人主審のジョセフ・ランプティ氏が試合結果を故意に「操作」したとして、同氏に終身のサッカー関連活動禁止処分を下した。

 その後FIFAはこの試合の結果を無効とし、再試合の開催を指示。南アフリカ側は難色を示していたが、「倫理的理由により、試合が操作されたのであれば再試合を行うべきだと決断した」として、開催の受け入れを表明した。試合は11月に開催される見通しとなっている。

 南アフリカ対セネガル戦の試合結果が無効となったことで、グループDは4試合を終えて勝ち点6のブルキナファソとカーボベルデが1位と2位を占め、3試合で勝ち点5のセネガルが3位、同じく勝ち点1の南アフリカが4位。全6試合を戦い、首位の1チームのみが本大会に進出する。

text by 編集部