「美しくなれる八百屋 WASO」のイメージ(写真:資生堂発表資料より)

写真拡大

 資生堂は、新たなスキンケアライン「WASO(ワソウ)」を、10月1日より、日本国内で発売する。これを記念し、代官山にてポップアップイベント「美しくなれる八百屋 WASO(ワソウ)」を、9月29日より3日限定で開催することを発表した。WASOは、野菜のオーガニックな成分を豊富に含んだ、自然由来のスキンケアブランドだ。素材の良さを引き出す「和食」のフィロソフィーから生まれた「WASO」ブランドの商品群が、野菜が並べられたなかで試用、販売されるという、趣向のこらされた「八百屋」イベントとなる。

【こちらも】SHISEIDO、若年層対象にした新スキンケア「WASO(ワソウ)」登場

■資生堂、新スキンケアラインWASOは、自然由来 資生堂の新スキンケアライン「WASO」は、「素材の良さを引き出すスキンケアで、あなたらしい美しさへ。」をコンセプトとして掲げる、自然由来のスキンケア商品だ。にんじん、ビワの葉、豆腐、白きくらげ、はちみつの5つの自然素材に着目した、全8品目8品種の商品群で構成されている。

 このWASOは、2017年7月より世界各国で順次発売が開催されており、いよいよ日本でも10月1日より、資生堂の総合美容サイト「ワタシプラス」、若年層を主な対象とするコスメショップなどで販売されることとなっている。

■八百屋で、新商品試用 「美しくなれる八百屋 WASO」 この発売開始記念イベント「美しくなれる八百屋 WASO」が、9月29日より3日間限定で、DAIKANYAMA T-SITE GARDEN GALLERYにて開催されることとなった。野菜をベースとしたWASOならではの着想で、野菜が展示された八百屋という空間の中での、新商品の試用、販売イベントとなる。

 開催期間中には、各日スペシャルゲストが1日店長として来場する。1日目は、モデル兼イラストレーターのローレン・サイ。2日目はミレニアル世代に人気のモデルである横田ひかる、3日目は、SHISEIDOアンバサダーの西本早希となっている。同じく開催期間中、SNSイベントも開催される。イベントの様子や写真を、指定のハッシュタグとともに投稿すると、全員にサンプルが、そして、抽選で30名に洗顔・メーク落とし、化粧水、クリームが詰め合わされた「デリシャススキンボックス」とWASOオリジナルバッグがプレゼントされる。

 オーガニック由来のスキンケアや美容用品は、今や数多く存在し、その人気や評判の栄枯盛衰も激しい。新しいもの、確かなものを求める、辛口な女性たちに資生堂の新ブランドはどう評価されるだろうか。