ベルギー西部ムスクロンの墓地で市長が遺体で見つかった事件で、遺体発見現場付近で捜査を行う警察(2017年9月11日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】ベルギー西部にあるムスクロン(Mouscron)の市長が喉を切られて殺害された事件で、警察当局は12日、容疑者の少年(18)を逮捕したと発表した。同国に大きな衝撃をもたらした今回の事件の動機は、市の元職員だった父親が解雇されたことに対する報復だったとみられるという。

 アルフレッド・ガダンヌ(Alfred Gadenne)市長(71)は11日、自宅近くの墓地で遺体となって発見された。ガダンヌ氏は毎日墓地の門の開施錠を行っていた。

 地元メディアによると少年の父親は市の元職員で、2015年に解雇されて自殺しており、事件はそれに対する報復とみられるという。

 この事件はベルギー国内で大きな波紋を呼んでおり、同国のシャルル・ミシェル(Charles Michel)首相はツイッター(Twitter)に、皆から広く愛されていたガダンヌ氏の死の知らせに恐怖を覚えたと投稿した。

 人口およそ6万人のムスクロンはパブなどのナイトライフで知られており、隣接するフランスから多くの人々が訪れる。
【翻訳編集】AFPBB News