huluの配信ドラマで夫婦役

写真拡大

 俳優の玉山鉄二と女優の佐々木希が9月12日、huluの配信ドラマ「雨が降ると君は優しい」の都内で行われた第1話の完成披露試写会で舞台挨拶に立った。

 2人は新婚の夫婦役だが、佐々木はセックス依存症という衝撃的な役どころ。実生活でも今年4月に「アンジャッシュ」の渡部建と結婚したばかりだが、「テーマがテーマだけに悩みましたが、これを乗り越えた時にとても成長できるんじゃないかと思いました。大きなチャレンジでしたが、胸を張ってやって良かったと言える作品です」と堂々と言ってのけた。

 演じたことによって夫婦としての価値観の変化を問われ、「まだそんなになっていないから、難しいなあ」と思案顔。その上で、「信じ抜くこと、かな。どんなことも全部受け入れて、強いきずなで結ばれているこの夫婦はうらやましい、素敵だなと思いました」と自身のプライベートを絶妙にかわして答えた。

 夫役の玉山に対しては、「本当にお優しい、ジェントルマン。ベッドでのシーンでも起き上がる時に力を貸してくださった。気遣いが素晴らしい」とうっとり。脚本の野島伸司氏が「そんなことしていたんだあ」と横やりを入れると、玉山が「そりゃ気を使うじゃないですか。でも、佐々木さんは待ちの時間、バスローブのまま寝ていましたからね。なんて自然体なんだろうと思いましたよ」と釈明した。

 その玉山は、妻への愛を貫こうとする設定で「よく(オファーを)受けたなと思う。勇気がある。だって、佐々木希ですよ」と感心しきり。野島も、「可れんさと、スイッチが入った時の狂気のような美しさがある。希ちゃんは本当にうまい。破壊力がハンパない」と太鼓判を押した。

 1、2話を夫人と一緒に見たという玉山は、「役名が信夫なんですけれど、鉄ちゃんより信ちゃんの方がいいと言われた。ということは成功しているのかな」と苦笑。それでも、「今は不倫が何かと話題になっていますが、セオリーに乗っていないこの悲劇的な純愛ストーリーを疑似体験してください。きっと依存しますよ」と自信のほどをアピールしていた。

 「雨が降ると君は優しい」は、9月16日に配信がスタート。全8話で毎週2話ずつ配信される。