攻撃的姿勢を強調する川崎FのDF奈良竜樹「突き放して相手の心を早く折る」《ACL2017》

写真拡大

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝2ndレグの浦和レッズvs川崎フロンターレが13日、埼玉スタジアム2002で行われる。

▽8月23日に行われたホームでの1stレグを3-1で先勝した川崎フロンターレは12日、試合会場となる埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。メディア陣への15分間の公開練習を含めて1時間程度汗を流した後、DF奈良竜樹が取材に応対した。クラブ史上初となるベスト4目前も「目の前の相手を倒すだけ」と明日の一戦に集中。また、先に点を取るが重要だと攻撃的姿勢を強調した。

◆DF奈良竜樹(川崎フロンターレ)

──明日勝てばクラブ史上初となるベスト4だが

「そんなに難しく考える必要もないと思いますし、目の前の相手を倒すということだけに集中しています。言ってしまえば明日は、日本勢同士のプライドをかけた戦争だと思います」

「チームにはプレースタイルやそれぞれのカラーがありますけど、それを超えて意地と意地のぶつかり合い、生きるか死ぬかの一戦だと思います」

──浦和はシステムも変わっているが

「いろいろなシステムがありますけど、相手がディフェンスを3枚でくるのか、4枚でくるのかはギリギリまでわからないと思います。ただ、どっちになっても良いですし、正直3枚でくるのであれば、この前戦ったときのようなイメージでやれば良いと思っています」

「4枚でもどのみち、浦和の攻撃の形は3バックの時と同じようにボランチが降りてきて[4-1-5]のようになるので、最初からその形でくるというイメージでいます。システムも大事ですけど、それ以上に気持ちの部分でどれだけ相手を上回れるかだと思うので、3-1というスコアはないに等しいと思っています」

「明日は浦和のホームですし、ホームで負けられないという気持ちは強いと思う中、サポーターの後押しがあります。そんな相手を倒せるかどうかというだけですね」

──先勝している中で、2戦目に気をつけなくてはいけないことは

「気をつけなくてはいけないことというよりも意識しなくてはいけないこととして、先に点を取るということだと思います。点を取られないということの裏返しは先に点を取るということだと思いますし、点を取られないように守備的にガチガチにやれるという戦いが僕たちは得意な訳ではないです。そういうサッカーを今までしてきた訳でもありません」

「あくまでも攻撃の部分で相手を圧倒できるかというところで今シーズンはやってきて、ACLもここまで進んできました。リードを守ろうという意識よりは突き放して突き放して、相手の心を早く折ることができるかだと思います」

「先に1点を取って、相手がより攻撃的になれば、僕たちには今カウンターという縦に速い攻撃があります。そういう駆け引きができるようになってきているので、いかに自分たちが先に試合を動かすことができるかだと思います」