連勝でクラブ初のベスト4を目指す川崎FのMF中村憲剛「しっかり勝ち切って帰る」《ACL2017》

写真拡大

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝2ndレグの浦和レッズvs川崎フロンターレが13日、埼玉スタジアム2002で行われる。

▽8月23日に行われたホームでの1stレグを3-1で先勝した川崎フロンターレは12日、試合会場となる埼玉スタジアム2002でトレーニングを行った。メディア陣への15分間の公開練習を含めて1時間程度汗を流した後、MF中村憲剛が取材に応対。2点差のアドバンテージがありつつも、攻勢に出て勝利を目指すことを強調した。

◆MF中村憲剛(川崎フロンターレ)

──先勝して2ndレグを迎える中、鬼木達監督は「勝ちをシンプルに狙いに行く」と言っていたが

「そうだと思います。そうすべきです。やはり90分をしっかり勝ち切って帰るということを目標にしたいです。もちろんシチュエーションは点差などでやるべきことは変わってきますけど、勝てばいけるということはハッキリしているので」

──試合会場となる埼玉スタジアム2002の芝が荒れているという話を聞いたが

「そうですね。埼玉スタジアムでこういう芝は記憶にないですけど、それは仕方がないです。ACLっぽいなという印象です。ACLなんですけどね(笑) アジアっぽいです。気候も今日はムシムシしていました。ただ、それは相手も同じなので、慣らしていければ良いかなと思います」

──好調が続いている中、疲れよりも勢いの方が勝っているか

「勢いというのを感じているのかはわからないですけど、1試合1試合を全力でというスタンスでみんなやっています。前の試合が良かったから次も良いという保証はどこにもないです。ただ、自分たちが何をすれば良い試合になるかということはみんなの頭の中に入っていると思います。頭で考えるよりも体が動いているという状態だと思います」

「それで勝利できているということで、負けたり引き分けたりするよりも多少軽減されていると思います。今はとにかく明日突破することだけを考えてやりたいです」

──浦和はシステムも変わっているが

「あれから1カ月経ってないくらいですけど、やはり色が出てきていると思います。それはシステムと構成を見ればわかることですし、やっていることも一緒のようで多少違うこともあると思います。それを頭に入れながらですけど、それ以上に自分たちがどれだけボールを持ってやれるかだと思います」

「もちろん攻められることもあると思いますけど、そこでゼロに抑えて我慢する、逆に失点しても慌てないということが大事です。とにかくブレずにやることが大事だと思います」

──“神奈川ダービー”では積極的にシュートを打っていたが

「積極的にゴールに向かうことは大事ですし、そういう姿勢を見せることが大事です。自分でも5本打ったので1本くらい入っても良かったんじゃないかなと(笑) 常に決めるつもりで打ってはいます。明日もチャンスがあれば打ちます。それでチームの姿勢が出せれば良いと思います。決められればもっと良いですけどね」

「自分はトップ下なので、前の選手の得点には絡みたいですし、点を取ることでチームとして楽になれると思います。明日も積極的にチャンスがあれば打ちますし、その選択と判断を間違えないようにしたいです。どフリーの味方がいればパスを出します」

──浦和のMF阿部勇樹とのマッチアップもあると思うが

「個人的には(阿部)勇樹とマッチアップするのはいつも楽しみです。彼のマークをいかにすり抜けていくかということしか常に考えていません。やられることもあると思いますけど、逆手にとれることもあると思うので、うまく見ながらやっていきたいです」