記者会見する菅義偉官房長官=12日午前、首相官邸(酒巻俊介撮影)

写真拡大

 【カイロ=佐藤貴生】イラク北部で保護されたイスラム教スンニ派過激組織「イスラム国」(IS)メンバーの家族らに、日本人女性が含まれている可能性が浮上した。

 AP通信などが12日までに伝えた。

 APがイラク軍当局者の話として伝えたところでは、保護されたのは女性や子供1300人以上で、出身国は14カ国に及ぶ。多くは中央アジアやロシア、トルコ出身だが、日本や韓国から来た者も含まれるとしている。

 女性らは8月末、北部タルアファルのIS掃討作戦の際、少数民族クルド人の部隊に投降。消息筋によると、身柄はすでにクルド自治政府からイラク政府に渡っており、この中に日本人女性がいる可能性があるという。菅義偉官房長官は12日の会見で、「報道は承知している。事実関係の確認を進め、情報収集をしているところだ」と述べた。

 イラク軍当局者によると、女性らは処罰せずに出身国に帰される見通し。ロイター通信は、女性らはイラク軍などが奪還した北部モスル南方のキャンプに収容されており、多くは本物の身分証明書を持っていないため、個別に国籍などを調査していると伝えた。