昨季チャンピオンズリーグ王者のレアル・マドリー【写真:Getty Images】

写真拡大

 2017/18シーズンの欧州チャンピオンズリーグ(CL)が現地時間の12日から開幕する。主要ブックメーカー各社では、昨シーズンまで2連覇中の王者レアル・マドリーが今季も最も有力な優勝候補だと予想されている。

 マドリーの優勝に賭けた場合のオッズは、各社とも「4.5倍」から「5倍」前後。2連覇の時点でCL創設以降では初となる快挙だったが、さらに3連覇も達成できる可能性は十分にあると考えられているようだ。

 昨年までであればバルセロナやバイエルン・ミュンヘンなどが続くところだが、マドリーに次ぐ優勝候補2番手に浮上したのはパリ・サンジェルマン(PSG)。ネイマールやキリアン・ムバッペなどの超大型補強により、6.5倍から7倍前後の優勝オッズをつけられている。

 バルサやバイエルンは8倍前後でPSGに続く。マンチェスター・シティとマンチェスター・ユナイテッドには10〜13倍前後のオッズがつけられており、昨季準優勝のユベントスは15倍前後での7番人気にとどまっている。

 最も優勝の確率が低いと予想されているのはアゼルバイジャン勢として初めてCLに出場するカラバフや、スロベニアのマリボルなど。優勝を予想してもし的中させたとすれば、500倍から最大3000倍前後の高額の払い戻しを受けられることになる。

text by 編集部