友達関係から親しくなってあとはどちらかの告白待ち…といういわゆる「友達以上恋人未満」の関係、経験したことがある人も多いのではないでしょうか?

この関係になった時、せっかくだから彼から告白してほしいと思うのが乙女心。しかし、なかなか煮え切らない彼に辟易したことがあるのではないでしょうか?

今回は、なかなか告白できない彼の本音を探ってみました。

ずばり、フラれるのが怖い

友達以上の関係になっているという自覚はあってもなかなか踏み出せないのは、それでもやはり失敗するのが怖いからにほかなりません。

自分の恋愛遍歴に傷をつけたくないのか、ただ自分が傷つきたくないのかはわかりませんが、とにかく男性は失敗を恐れて行動しないということがよくあります。

恋愛において特にそれは顕著に表れるのです。よくいえば慎重だともいえますが、恋愛になるとたいていは臆病者といわれてしまいますよね。

そもそも踏み出したくない

彼が告白に踏み切れないのは、実はあなたとの関係を壊したくないという怯えから来ている可能性もあります。
「友達以上恋人未満」という関係は実は居心地のよいものだということは経験のある方ならご存知だと思いますが、その関係を保つためにあえて告白しないとい選択をする男性もいるのです。

告白するタイミングを伺っている

告白にはある程度の雰囲気づくりやムードが重要ですよね。
二人の関係は友達以上なのは明白なのに彼がなかなか告白してくれないという人は、告白の雰囲気づくりのために、告白する機会を図りかねているという可能性もあります。

その場合は、彼が告白しやすいようにあなたが雰囲気を作ってあげましょう。上手に雰囲気を作って、彼が告白しやすいシーンを演出できるのはいい女の証。彼に告白させたいのならぜひあなたも一歩を踏み出してみましょう。

おわりに

友達以上恋人未満の関係なのに、なかなか恋人の関係になれないという人は、一度自分と彼の関係を見直してみましょう。今回ご紹介した彼の本音のどれかが当てはまるかもしれません。

女子たるもの、男性から愛の告白を受けるのは憧れ。ぜひその憧れに一歩でも近づくように彼から告白をさせることのできるいい女を目指しましょう。