10月14日は「鉄道の日」。この記念日にあわせ、鉄道各社はイベントを実施し、なかには廃車体から発生した鉄道部品などを販売する即売会やオークションを行う現場もある。

2011年、この鉄道部品即売会をツアー形式で組んだイベントが、東武鉄道で行われた。同社が東武トラベルや東武ワールドスクウェアなどコラボした「東武ジャンク品お買い物ツアー」だ。

当時の模様を3回シリーズで掲載し、鉄道部品の相場感をみていく。今回は、列車種別幕、ホーロー製駅名板、電車線文鎮、のりば方面案内、出口案内、踏切など。

◆列車種別幕 25000円
「回送」「快速急行 RAPID EXPRESS」などが表示できる列車種別幕。

◆ホーロー製駅名板 10000円
「とうぶねりま」「かわごえし」「あさかだい」など。オレンジ色の記載は池袋東武百貨店の広告か。人気のためか価格のとなりに「抽選」と記されていた。

◆出発・場内・遠方・入換標識 20000円
4枚セットで20000円。このほか「8RF」「3RE」「2RE」「7RG」といった標識は各2000円。

◆電車線文鎮 1500円
電車線を15センチほどに切って、アクセサリー文鎮として販売。

◆のりば方面案内や出口案内など 500〜1000円
「新栃木・東武日光・鬼怒川温泉・東武宇都宮・会津高原尾瀬口方面1番線」は1000円。野田線の出口案内は500円。