博多華丸・大吉の発言が大炎上 CMを降板させる事態に

写真拡大

バラエティ番組にひっぱりだこの、お笑いコンビ『博多華丸・大吉』の2人。

温かみのあるキャラクターで人気の2人ですが、ある発言が大炎上してしまった過去を告白しています。

厳しい!

コンビ名にも入っている博多がある福岡は、2人にとってのホームと呼べる場所。博多愛を語る2人の姿も、TV番組でよく見かけます。

しかし、2017年9月9日放送の『嵐にしやがれ』(日本テレビ系)で、実は神戸生まれで、2歳の時に福岡に引っ越したことを明かした、大吉さん。

過去にも、ほかのTV番組で同じ話題に触れたところ、地元の福岡から大きな反響があったそうです。

さらに、「とんこつラーメンは、そんなに食べない」とまで打ち明けてしまう始末。

すると…。

「『博多でなく神戸です』っていった3か月後にCMが打ち切られた」

嵐にしやがれ ーより引用

神戸出身と知った地元企業から「そういうことなら契約はできない」と、CMを打ち切られるという衝撃の結末を迎えてしまったのだそう。

このエピソードにネット上では驚きの声が続出。番組MCを務める嵐からも「厳しい!」との声が上がっていました。

おそるべし、福岡…。2歳のころに引っ越してきたんなら、もう福岡出身っていってもいいレベルだと思うけど。地元愛が強すぎる。

不祥事により、CMを降板させられる…という話はよく聞きます。

しかし、2人をCMに起用した地元企業からしてみれば、「福岡生まれではない」という事実は不祥事と同じくらい衝撃的な告白だったのかもしれませんね。

[文・構成/grape編集部]