彼女の方は、「ねえねえ、聞いて〜!」と楽しく話をしているつもり! なのに実は彼を「ゲンナリ」させていたとしたら……? 女子同士では盛り上がる内容かもしれないけど、彼に話したらNGなこともあるそうです。今回は、男性を疲れさせる「女の会話内容」について話を聞いてみました!

実は彼をグッタリ疲れさせている「彼女の会話内容」5選

1. 友人や知人の悪口をくり返す

嫌なことがあったとき、ムカつくことがあったとき「ちょっと聞いて」と彼に愚痴っちゃう。そんなシーンもありますよね。ですが、会話の中でも断トツで疲れるのが「愚痴や文句」なのだとか! 何度もくり返し愚痴られると、どんな男性でもグッタリしちゃうそうです。

「知人や友人の悪口をずっと聞かされるとき。ひとことくらいならまあ聞いてもいいけど、その愚痴が30分、1時間と続くと……本気で疲れます。デートでは絶対NG。愚痴はよそで話してほしい」(29歳・IT関連)

▽ つい彼に聞いてほしくなっちゃうけど、愚痴は禁物? 彼をウンザリさせるだけです。

2. 男性芸能人への「かっこいい!」

好きな俳優さんなどについて「本当にカッコイイ」と魅力を語りだすのも「……反応に困る」のが男性の本音? 正直、男子的には「カッコイイ部分」が共感できないし、へえ〜って笑って聞くこともあるけど、内心は疲れてしまうそうです。

「あの人、本当にかっこいいよね〜と芸能人などの魅力を語られること。同性的に共感ポイントがよくわからないし、そういうのは女子会でお願いします」(31歳・インテリア関連)

▽ ちなみに、ちょっぴり嫉妬しちゃって疲れることもあるそうです。

3. ファッション、メイクなどのガールズトーク

この洋服、買おうか迷ってるんだけど……どう思う? などファッションやメイクについての質問も「正直よくわからないから、やめてほしい」という声が。女性にしかわからない内容は聞いてるだけで疲れちゃうのが本音のようです。

「彼女がよく、この洋服どうかな〜と聞いてくるのですが『よくわからない』です。あいまいに答えると『どうでもいいんでしょ!』って怒るのもやめてほしい。そういうのは、女子の友達に聞いた方がいいのでは?」(30歳・自営業)

▽ 彼の好みを聞きたいのが女心ですが、ガールズトークにはついけないし疲れちゃう?

4. 話題がコロコロと変わっていく

話好きな女子の間では「話題がコロコロ変わる」のは当たり前……ですが、男性は「え、今そんな話してなくない!?」と話題についていくのがしんどくなることも。せめて彼のコメントを待ってから次の話題にしてあげた方がいいかもしれません。

「え、その話って全然関係なくない? ってビビる(笑)。なんで女性って話がコロコロ変わるんですかね〜。ついていくのが疲れます」(32歳・アパレル勤務)

▽ 私の話についてこい! ってのは……無理があるみたいです。

5. モテ自慢をしてくる

過去に自分がモテたことを話したがる女性も「コメントに困る」とゲンナリ? 何度も自慢されると、聞くだけで疲れちゃうそうです。モテ自慢は一度くらいならかわいいけど、くり返されると好感度ガタ落ちなので要注意ですね。

「学生のときモテたんだよ〜的な話をずっと聞かされたとき。どう返したらいいのかわからないし、正直疲れます」(33歳・不動産関連)

▽ モテ自慢がウザいのは男女共通! 控えめにしましょうね。

楽しく話しているつもりが、知らないうちに彼をグッタリ疲れさせていたかも!? これらの会話内容はデートでは「やめてほしい」そうなので、うっかり持ち出さないように注意した方がいいかもしれませんね。