美しい放物線を描いた先制ゴールでおよそ5000人のサポーターを熱狂させたパウリーニョ。写真:茂木あきら(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 J2リーグは9月9日・10日、各地で32節の11試合が行なわれた。
 
 今節、昇格プレーオフ圏内を争う6位・東京Vと7位・松本が東京Vのホーム、味の素スタジアムで激突した。試合が動いたのは54分だった。松本のパウリーニョがペナルティーエリア手前でボールを奪うと、そこから狙いすましたシュートでゴール右隅に沈め、先制点を奪う。主導権を握る松本は、59分にも工藤浩平のゴールで追加点。終盤の84分にディフェンスのミスを突かれ、東京Vのドウグラス・ヴィエイラに1点を返されるも、松本が2-1で逃げ切り勝ちした。
 
 敵地で山口と対戦した首位・湘南はジネイのハットトリックなどで、大量5得点を挙げ。5-3で勝利。独走態勢をさらに盤石なものとした。
 
 2位・福岡はホームで愛媛に0-1と手痛い敗戦を喫し、湘南との勝点差はついに10に広がった。
 
J2リーグ順位表
 
各試合のスコアは以下の通り(クリックすると、各試合の採点記事に移動します)。
 
9月9日(土)  
山形  京都(NDスタ)

水戸  岐阜(Ksスタ)

横浜FC  金沢(ニッパツ)

名古屋  大分(パロ瑞穂)

山口  湘南(維新公園)

福岡 愛媛(レベスタ)

9月10日(日)
岡山  町田(Cスタ)

讃岐  熊本(ピカスタ)

東京V 1-2 松本(味スタ)

群馬  千葉(正田スタ)

長崎 徳島(トラスタ)