タモリ、『ウルトラFES』10時間超の生放送に「やめてもらいたい」とボヤキ

写真拡大

9月18日(月・祝)に10時間超の生放送でお届けするテレビ朝日の超大型音楽プログラム『ミュージックステーション ウルトラFES 2017』。

同番組のPRとして現在、ウルトラFES2017特設サイトやYouTubeのテレビ朝日公式チャンネルでは、司会のタモリの貴重なインタビュー映像が公開されている。タモリがインタビューを受けたりコメントを発表したりするのは、極めて稀なことだ。

インタビュアーは、テレビ朝日のアナウンサーとして初めてタモリとともに『ミュージックステーション』の司会を務めた下平さやかアナ。

まずこちらは、「10時間」編。

10時間超となる生放送について「どう思われますか?」という質問に、タモリは「10時間、長いですよ。やめてもらいたいんだけどね…。なんとかならんのかね…」とまさかのボヤキ回答。類型的なインタビューとは一線を画す回答は、さすがの一言だ。

そして、ボヤキながらもどこか嬉しそうにしている表情には思わず安堵させられる。

そしてこちらは、「挑戦」編。

今年の“テーマ”について聞いたタモリは、「え、テーマってあったっけ? 1回目からあった?テーマって…」と驚き。そして、そこに流れるアンバランス(?)ともいえる一言テロップにも注目だ。

なお、PR動画はこの他に、「今年の見所」編と「恒例番組」編が用意されている。

「やめてもらいたい」とボヤくタモリだが、当日は一体どんな司会ぶりを見せてくれるのか? 豪華アーティスト陣のパフォーマンスとあわせて注目だ!