『サバイバルファミリー』矢口史靖監督、Bridge of Arts motivational国際映画祭で監督賞受賞

写真拡大

 ロシアで開催された「Bridg e of Arts motivational 国際映画祭」にて、『サバイバルファミリー』で矢口史靖監督が監督賞を受賞。あわせて矢口監督よりコメントが寄せられた。

 8月23日からロシア南部の街ロストフ・ナ・ドヌ市で開催された同映画祭は今年で3回目。32か国から95作品が出品 ・上映された。26日には『サバイバルファミリー』が公式上映され、終映後、興奮した観客から「鈴木一家以外の人々は、その後どうなったのか?」「一体何人ぐらいのスタッフやエキストラが出たのか?」「ロシアでの上映はないのか?」など大きな反響があったという。

 矢口監督は27日の閉会式で監督賞を受賞。主催者からは「完璧なストーリー・テラーの矢口は、日本の最も有望な10人の監督のリストに入っています」と賛辞を送られた。今週、受賞を知った矢口監督からは下記のコメントが寄せられた。

矢口史靖監督コメント

『サバイバルファミリー』でロシアの映画祭から監督賞を頂きました!“電気消滅”が世界共通の一大事であり、“家族再生”が普遍的な物語なのだと実感できてとても嬉しいです。ただ一つ気掛かりなのは、もしもこの先、日本を訪れたロシア人が東名高速道路を自転車で走り出したら困るなあ、ということです。スパシーバ!

 なお、サバイバルファミリー』は9月20日にBlu-ray&DVDを発売予定。スペシャル・エディションには、オールロケで撮影されたCG無しのメイキングや、「矢口史靖のアーバンサバイバル術講座」など特典映像が満載だ。

【第3回 Bridge of Arts motivational 国際映画祭】長編メインコンペティション受賞者Best Film(作品賞) - Yellow (Iran, 2017)Best Director(監督賞) - Shinobu Yaguchi , SURVIVAL FAMIRY(Japan,2017)Best Actress(最優秀女優賞) - Zuzana Kronerová, Ice Mother (Czech Republic, Slovakia, France, 2017)Best actor(最優秀男優賞) - Rodrigo Pandolfo, Joao - O Maestro (Brazil, 2017)Best Script (脚本賞)- Moastafa Taghizadeh, Yellow (Iran, 2017)

()