新史料発見!「本能寺の変」明智光秀の信長襲撃の目的は室町幕府再興か?

写真拡大 (全2枚)

朝から歴史ファンをざわつかせるニュースが発表されました。

京都の本能寺の変にて織田信長、そして織田信忠を家臣 明智光秀が襲撃した「本能寺の変」。なぜ明智光秀が信長を討ったのか、今日まで定説と呼べるまでの動機は明らかになっていませんでした。しかしこのほど、その動機特定が進展する研究結果が発表されました。

土橋重治宛光秀書状(美濃加茂市民ミュージアム所蔵)

美濃加茂市民ミュージアムが所蔵する、明智光秀が土橋重治(どばししげはる)という人物に宛てた直筆の書状原本「土橋重治宛光秀書状」の調査で、明智光秀が室町幕府の再興を図っていたことが信長襲撃の動機だったと考えられると、三重大学の藤田達生教授が発表しました。

この書状は天正10年(1582年)6月12日に、反信長派・土橋重治から届いた密書に対する返信とみられており、書状の中には、上意(くらいの高い身分の人)という言葉を使い、その人物が御入洛することになると伝えているとのこと。御入洛する人物はそう、将軍の座を追われた足利義昭。足利義昭が京都に戻ってくるということ。

織田信長を討った明智光秀の真意はなんだったのか?今回の研究結果によって今後の調査の進展が期待されます。

参照: 本能寺の変は室町幕府再興が目的か 光秀直筆の書状を確認 | NHKニュース