逆転突破を誓う浦和DF遠藤航「必ず2点を取って次に」《ACL2017》

写真拡大

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝2ndレグの浦和レッズvs川崎フロンターレが13日、埼玉スタジアム2002で行われる。浦和のDF遠藤航は12日、試合会場の埼玉スタジアム2002で前日記者会見に出席した。

▽8月23日に行われたアウェイでの1stレグは、1-3で敗戦。2ndレグは、2-0以上のスコアが必要となる。浦和にとって難しいミッションとなるが、遠藤は「必ず2点を取って次に進めるように頑張る」と逆転での4強進出を誓った。

◆DF遠藤航(浦和レッズ)

「アウェイでは悔しい思いをさせられました。ホームでしっかりと点を取って勝ちたいと思っています。そのために自分たちの続けてきた攻撃的なサッカーを明日は発揮したいと思います。堀さんが監督になってからチームとして競争意識を持った中で、いろいろな選手が出て行きながらも戦い方が徐々に整備されてここまで来ました。前回とはまた違った試合を見せられると思います。選手としてはそういう良い内容を見せたいですし、必ず2点を取って次に進めるように頑張りたいと思います」

──好調を維持している川崎Fの攻撃陣の印象

「全員がボールを持てる選手だと思います。特に、前のコンビネーションは素晴らしいものがあります。Jリーグでもトップだと思います。ただ、その対応というのは自分の中でイメージできています。守備の部分でもそうですけど、いかに相手の攻撃する時間を短くさせるかというのが大事になります」

──済州ユナイテッドFC戦の再現を狙わなくてはいけないが、こういう試合で最も大切なことは

「気持ちの部分が大事だと思います。済州戦の時も練習の時や試合前から選手たちの中で良い雰囲気を作ることができた結果、逆転できたと思っています。まずはそこの準備の部分でチーム一丸とならなくてはいけないですし、ピッチに立てば思い切って自信を持ってプレーするだけかなと思います」