「跳ね返すだけの力がある」 浦和の堀孝史監督、逆転突破に自信《ACL2017》

写真拡大

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017準々決勝2ndレグの浦和レッズvs川崎フロンターレが13日、埼玉スタジアム2002で行われる。浦和の堀孝史監督は12日、試合会場の埼玉スタジアム2002で前日記者会見に出席した。

▽8月23日に行われたアウェイでの1stレグは、1-3で敗戦。2ndレグは、2-0以上のスコアが必要となる。堀監督は「簡単」ではない状況であるとしつつ、「跳ね返すだけの力」があると逆転突破に自信を深めた。

◆堀孝史監督(浦和レッズ)

「前回のアウェイ戦での結果を受けて明日の試合を迎えますけど、自分たちにとって簡単なものではありません。ただ、自分たちのチームはそれを跳ね返すだけの力を持っていると思います。選手たちも高いモチベーションでトレーニングに取り組んでくれています」

「サッカーでは何が起こるかわかりませんし、実際済州ユナイテッドFC戦では難しい状況を乗り越えてここに進んできたという経緯があります。明日の試合は100%の集中力と、この厳しい状況を乗り越えるというメンタリティを持ってハードワークをして全員で次に進もうと思っています」

──負傷離脱していたMF柏木陽介選手のコンディションは

「全体練習で全てのメニューをこなしています。この後にあと1回トレーニングがあるので、そこでしっかりと見極めて、明日どうするかを考えていきたいです。ただ、昨日のトレーニングでは精力的に取り組んでくれていましたし、特に問題はないと思っています」

──済州戦の再現を狙わなくてはいけないが、こういう試合で最も大切なことは

「戦術的なことも大切だと思いますけど、こういう状況でそれを乗り越えようとすることや、勝とうという気持ちを持ちながらプレーすることと、メンタルを持つことです」

──FW武藤雄樹選手が出場停止となっているが、戦術面でどのように臨むかイメージは

「自分たちは攻撃が特徴だと思っています。いかに自分たちの攻撃の時間を増やしていけるかが大事になります。自分たちの持っているバリエーションを出してゴールを取るというイメージです」