クラブ初のACL4強へ 川崎監督と小林は浦和戦で攻撃宣言 「積極的にゴール狙いたい」

写真拡大

ACL準々決勝第1戦は浦和に3-1快勝 有利な状況のなか13日に敵地で第2戦

 川崎フロンターレの鬼木達監督と主将のFW小林悠が、13日に埼玉スタジアム2002で行われるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝第2戦、浦和レッズ戦の前日会見に臨み、初戦のアドバンテージを考えすぎないことを強調した。

 川崎はホームで迎えた8月23日の準々決勝第1戦を3-1と快勝した。2戦トータルのゲームとしては優位な状況にあり、鬼木監督も「一戦目の勝利というのはアドバンテージに、実際にはなると思う」と話した。しかし、その優位性に目を向けることは危険をはらんでいるとも警戒感を語った。

「明日の試合でメンタル面で持ちすぎると受け身に回ってしまう。自分たちの良さを出すためにも、0-0からのスタートだと考えるし、ルヴァン杯でもそうやって選手たちと歩んできた。シンプルに勝ちを目指して戦うことに尽きる。次に進むため、それを実現したい」

 また、初戦でゴールを決めている小林も「アウェーゴールを奪われているが、その1点の価値は大きい」としたうえで、「もし僕らが2点取れれば勝負は決まったようなものになると思う。積極的にゴールを狙いたい」と、浦和に止めを刺すゴールを宣言した。

小林「対策はできている」と強調

 浦和は先週末の柏レイソル戦で本格的に4バックを導入している。しかし、小林は「スカウティングでしっかり対策できている。どのフォーメーションできても自信を持って戦える」と話し、鬼木監督も「攻守において、よりアグレッシブになっている。ただ我々も、それに対しては攻撃の部分でチャンスがある。アウェーゴールを狙えるチャンスも増えると思うので、しっかり結び付けたい」と対策は万全のようだ。

 これまでACLではベスト8が最高成績だった川崎にとって、初の準決勝進出への大きなチャンスが訪れている。それをつかみ取るのは、あくまでも攻撃的な姿勢とゴール。2点リードと有利な立場ながら、守備的に戦うのではなく、自分たちの長所を前面に出して突破する構えだ。

【了】

轡田哲朗●文 text by Tetsuro Kutsuwada

フットボールゾーン編集部●写真 photo by Football ZONE web