山本彩が、2ndアルバム『identity』収録となるリード曲『JOKER』のミュージックビデオを解禁した。

ミュージックビデオは、荒廃した屋敷のダイニングテーブルの端にいる小さな男の格好をした山本彩と、反対の端にいるもう一人の女性の格好をした山本彩がお互いにギターを弾き語りながらテーブルの中心に向かって歩いてくる。途中、トランプタワーや花束、ワイングラスが吹き飛ぶ中、テーブルの真ん中にたどり着いた2人の山本彩は意を決してジャンプし、空中で抱き合いキスをしながら床へと落ちて行く。

そして場面が変わると床に落ちているのはトランプのクイーン、そこへ重なりあうようにジョーカーのカード。まるで唇と唇が重なりあうような2枚のカードが意味深な演出となっている。

スタッフにはCreative Directorに澤本嘉光、Directorに萩原健太郎を迎え、山本彩がソロで目指すロックな世界観を演出している。