中国4大銀行、北朝鮮顧客へのサービス停止=関係筋

写真拡大

[上海 12日 ロイター] - 中国の4大国有銀行は、北朝鮮の新たな顧客への金融サービスの提供を停止した。支店の行員らが明らかにした。

中国建設銀行(CCB)<601939.SS>の遼寧省にある支店で窓口業務を担当する行員は、同行が8月28日に「北朝鮮との業務を完全に禁止した」と語った。

また、中国工商銀行(ICBC)<601398.SS>は7月16日以降、北朝鮮人とイラン人を対象に口座開設を停止しているという。顧客相談通話サービスに応答したスタッフが明らかにした。理由は説明せず、これ以上の質問にも回答しなかった。

中国銀行<601988.SS>の行員によると、同行の遼寧省・丹東市にある支店は昨年末に北朝鮮の個人・企業の口座開設を停止した。既存口座については預金や引き出しができなくなっているという。

同じく丹東にある中国農業銀行<601288.SS>の支店の行員によると、同行でも北朝鮮顧客の口座開設はできないという。

4行からのコメントは得られていない。

丹東は北朝鮮との国境沿いにあり、同地域の銀行は北朝鮮を巡る緊張の高まりを受けて調査の対象にされてきた。