ついに目覚めた山川穂高(西武)が急上昇ワード!?

写真拡大

 9月7日、山川穂高(西武)が一時、Twitterの急上昇ワードにランクインした。一瞬、何かあったのか……!? と思ってしまったが、実はこの日は8月度月間MVPの発表があり、西武の救世主となっている山川が初受賞を果たしたのだった。

 7月8日に1軍に再昇格して以来、打ちに打ちまくり、なんとOPSは9月9日の時点で1.033をマーク。「おかわり君2世」が本家を超える勢いで急成長を遂げている。

 しかし、月間MVPというと贔屓チームでなければ、すぐに忘却の彼方……というのは筆者だけだろうか。

 シーズン残り1カ月、あらためてここまでの月間MVP受賞者をおさらいしてみたい。

※野球の見方が変わるスマホマガジンでニュースやコラムが読み放題!

■セ・リーグの月間MVP受賞者

■3〜4月
メッセンジャー(阪神)
5試合:4勝0敗/投球回32.1/37奪三振/防御率1.95

大島洋平(中日)
26試合:打率.372/1本塁打/8打点/5盗塁

■5月
菅野智之(巨人)
5試合:3勝2敗/投球回37/31奪三振/防御率2.68

ビシエド(中日)
25試合:打率.341/8本塁打/25打点/1盗塁

■6月
岩瀬仁紀(中日)
14試合:1勝0敗/1セーブ/10ホールド/投球回11.2 /11奪三振/防御率0.00

丸佳浩(広島)
21試合:打率.402/6本塁打/22打点/0盗塁

■7月
菅野智之(巨人)
4試合:4勝0敗/投球回29/30奪三振/防御率0.31

桑原将志(DeNA)
21試合:打率.389/6本塁打/14打点/2盗塁

■8月
マイコラス(巨人)
5試合:4勝1敗/投球回37/44奪三振/防御率1.46

筒香嘉智(DeNA)
25試合:打率.315/7本塁打/23打点/0盗塁

 印象深い活躍を見せたのは菅野智之(巨人)。5月2日には3試合連続完封を達成し、さらに7月には28イニング連続無失点を記録するなど、大波を作り2度の受賞を果たしている。

 中日は3カ月連続で受賞者を出したが、チームの成績には直結せず。先発投手陣の立て直しが急務だろう。

■パ・リーグの月間MVP受賞者

■3〜4月
金子千尋(オリックス)
5試合:4勝0敗/投球回37/23奪三振/防御率1.70

T-岡田(オリックス)
23試合:打率.351/7本塁打/15打点/0盗塁

■5月
則本昂大(楽天)
4試合:4勝0敗/投球回32/46奪三振/防御率2.25

レアード(日本ハム)
23試合:打率.333/10本塁打/27打点/0盗塁

■6月
十亀剣(西武)
4試合:3勝0敗/投球回23.1/18奪三振/防御率3.09

柳田悠岐(ソフトバンク)
23試合:打率.363/12本塁打/31打点/2盗塁

■7月
東浜巨(ソフトバンク)
3試合:3勝0敗/投球回20.1/13奪三振/防御率1.33

秋山翔吾(西武)
23試合:打率.351/3本塁打/19打点/2盗塁

■8月
サファテ(ソフトバンク)
13試合:1勝1敗/11セーブ/投球回12.1/20奪三振/防御率1.46

山川穂高(西武)
27試合:打率.326/9本塁打/28打点/0盗塁

 3〜4月度はスタートダッシュに成功したオリックスから投打の月間MVPが生まれた。特に金子千尋は2完投(うち1完封)の好投で選出。金子の調子次第でチームの情勢は大きく変わるはずだ。

 西武は山川の受賞で3カ月連続の月間MVP。後半戦反攻の要因は大活躍の「当たり組」が出てきたことが大きい。

文=落合初春(おちあい・もとはる)

【関連記事】