中国の軍事専門家・李傑氏はこのほど、中国で建造中の2隻目の国産空母について「動力を原子力にする可能性がある」と予測した。写真は中国初の国産空母「001A型」。

写真拡大

2017年9月11日、環球時報(電子版)によると、中国の軍事専門家・李傑(リー・ジエ)氏はこのほど、中国で建造中の2隻目の国産空母(中国所有の3隻目の空母)について「動力を原子力にする可能性がある」と予測した。

中国では最近、湖北省武漢市で撮影されたとみられる建造中の国産空母の写真が注目を集めている。陸上の「空母ドック」で建造の真っ最中で、今回流れた写真によると、船体、総トン数とも大きく、設計の初期段階がすでに終わっているという。ドックでは現在、レーダーや通信システム、武器などを装備する甲板より上の部分が作られている。

李氏は、船体が高く大きいことについて、あまり小さく作ると基本的な構造を盛り込むには狭くなってしまうと指摘。原子力による動力システムの研究が進めば、2隻目の国産空母に採用される可能性があると予測した。(翻訳・編集/大宮)