ゼイン、スキンヘッドにしたのは髪の染めすぎ

写真拡大

今月初め、ゼインの母親が彼のスキンヘッド姿をインスタグラムで公開し、ファンを驚かせた。新スタイルには賛否両論あったが、ゼインはブリーチのし過ぎで、丸刈りにせざるを得なかったそうだ。

◆ゼイン画像、ミュージックビデオ

彼は、「ブリーチって髪の毛にダメージを与えるよね? だから、剃らなきゃならないんだよ」と、新ヘア・スタイルにスキンヘッドを選んだ理由をBBC Radio 1の番組で説明した。

先週リリースしたニュー・シングル「ダスク・ティル・ドーン」のジャケ写やミュージック・ビデオでは、もはやスキンヘッドではないものの、その名残が見られる。しかし、せっかく一新された髪の毛はまたブリーチされたようだ。

「ダスク・ティル・ドーン」は、2016年に発表したソロ・デビュー・アルバム『マインド・オブ・マイン』に続く新作からの1stシングル。ゼインは、『マインド・オブ・マイン』ではツアーを行なわなかったが、新作リリース後はツアーをやるつもりだと話している。

Ako Suzuki