ユベントスのFWパウロ・ディバラ【写真:Getty Images】

写真拡大

 ユベントスに所属するアルゼンチン代表FWパウロ・ディバラが、バルセロナに所属する同胞のFWリオネル・メッシとのプレーについてコメントした。スペイン紙『マルカ』が伝えた。

 12日にバルセロナとのチャンピオンズリーグ初戦を控えるユベントスのディバラは、相手のエースであるメッシとのプレーを「とてもうれしいこと」と前置きしつつ、共存の難しさについても触れた。

 「彼からは多くのことを学ぶことができる。彼のそばでプレーできることは幸運なことで、きっと将来の自分に役に立つことだろう。僕と同じポジションでプレーしているから彼とプレーするのは難しいが、なんであれ僕は彼のプレーに順応しなければならないし、もっと快適にプレーできるようにしてあげなければいけないと思っている」

 また、今夏バルセロナを退団したFWネイマールの後釜として獲得を狙われていたことについても、ディバラは自身の考えを述べている。

 「誰も僕に何も言ってこなかった。プロジェクトの一部となってほしいと言われただけだよ。ユベントス、そして会長が必要としている限り、僕はここにいようと思う」

 リーグ開幕から好調を維持するディバラは、現在リーグ戦3試合で5ゴールを決めている。

text by 編集部