マドリードの町並み photo by Anajim via pixabay(CC0 Public Domain)

写真拡大

 イスラム国はつい最近、スペインのソーシャルメディアを介して、特にマドリードを攻撃することに照準を合わせたことをジハードを目指す者に呼び掛けていることがスペインの複数のメディアで報じられた。(参照:「LA GACETA」)

 テロ攻撃の中でも、今回の狙いは”プールといった人が多く集まる所でのテロ。そこには異教徒がたくさん集まる”としている。そして、”スーパーマーケットで市販している果物やアイスクリームなどに毒を盛ることだ”としている。(参照:「El Independiente」)

 毒を盛る方法として、<青酸カリを液体に溶かして注射器で食べ物に注入するのだ>とも語っているという。(参照:「LA GACETA」)

◆非合法モスクが集中するマドリード

 更に、テロリストはコーランの9章123条を持ち出して、<「信者よ、君の近くにいる不誠実な異教徒と戦うのだ。アラーは彼らに恐れをなす者の味方だ」>と言ってジハードのテロ活動を鼓舞している。そして、テロリストはヨーロッパのムスリムに向かって<「当地にあるモスク(イスラム寺院)での説教は同胞の真の問題と解決を包括してはいない」>と伝え、そして、<「ラクダをちゃんと繋いで(やるべきことをちゃんとやって)、アラーを信じることだ」>と説いているのだという。(参照:「LA GACETA」)

 スペインには、モスク(イスラム寺院)は、合法化されたものだけで<1508軒存在している>という。そして、モスクとしての体を成すことなくイスラム礼拝所と呼べるような場所が<非合法で800軒ある>とされている。非合法な礼拝所はビルの1階に仮設的に設けた所や商店のひと間、或いはガレージを改装したものといった所である。(参照:「LA GACETA」)

 そして、マドリードには非合法なモスクが集中しているという。特に、<地区としてラティナ、シウダー・リネアル、バリェカス、カラバンチェル>に集まっているという。(参照:「ABC」)

 マドリードの場合はバルセロナと異なりテロ防止の監視役は国家警察と治安機動隊である。バルセロナのように自治警察との縄張り争いはマドリードでは存在しない。バルセロナのテロ発生の一つの要因に自治警察と国家警察の争いで情報の交換が円滑でなかったというのも理由となっている。

 EUのテロ対策調査官ジル・デゥ・ケルコーベが8月31日付のスペイン紙『El Mundo』でインタビューに応じている。その中で同氏はヨーロッパで<ジハード或いは過激派として警察から監視されている者がスペインの場合は5000人>いることを挙げている。しかし、この数字は<英国の2万人から2万5000人、フランスの1万7000人>と比較すれば少ないと指摘している。英国の場合は上記数字の内の<3000人は英国保安局MI5も警戒している>ほどであるという。

 ベルギーの場合はシリア紛争に参加したものは<500人であるが、国内に過激派が2000人いる>と述べている。(参照:「El Mundo」)

◆欧州からのシリア紛争参加者が過激化

 同氏が更に問題として挙げているのが、<シリア紛争にヨーロッパから参加した者が5000人で、その3分の1が帰国し、3分の1弱は戦死している>と述べた上で、<この帰国した者が非常に危険で、その多くが現在刑務所に入っているが、罪状が強固なものでないため3-4年で釈放されることになる>と述べて将来危惧せねばならない問題だとしている。しかも、<刑務所での生活で彼らはより過激になる傾向がある>と指摘して、<彼らが非常に危険だ>と語っている。(参照:「El Mundo」)

 スペイン国民はバスク地方のテロリスト「バスク祖国と自由(ETA)」との半世紀の戦いの経験がある。国民はテロリストとの戦いに勝利するには国民が一致団結して彼らを排斥することが大事であるということを体験から知っている。「ETA」との戦いが終了したかと思いきや、今度はイスラム国に洗脳されたジハードとの戦いが始まっている。

<文/白石和幸 photo by Anajim via pixabay(CC0 Public Domain)>
しらいしかずゆき●スペイン在住の貿易コンサルタント。1973年にスペイン・バレンシアに留学以来、長くスペインで会社経営する生活。バレンシアには領事館がないため、緊急時などはバルセロナの日本総領事館の代理業務もこなす。