電車内やホームがバルに変身!

写真拡大

京浜急行電鉄(東京都港区)は、「京急川崎ステーションバル」を2017年9月16日〜18日に開催する。

同社が17年4月に川崎市と締結した「包括連携協定」の一環として、沿線エリアの活性化や魅力の発信を目的に、京急川崎駅に停車した電車とホーム、同駅周辺を会場に開催するもの。

縁日スペースも

京急川崎駅1番線ホームに停車させた電車の車内と、1番線・2番線ホームを会場にした「ホームエリア」内では、「キリン一番搾り」などをはじめアルコール飲料やソフトドリンク、おつまみ、お弁当などを販売。また、飲食スペースとして電車車内を開放することで、普段味わえない雰囲気で飲食を楽しめるという。

また、子どもたちも楽しめるよう、ヨーヨー釣りなどの縁日スペースを設置。ペーパークラフト教室(9月16・17日)や横浜・八景島シーパラダイスからペンギンがやってくるイベントも開催予定だ。

さらに、同駅周辺の「ストリートエリア」では、アルコール飲料や「横須賀」「三浦」エリアの特産グルメが味わえるほか、京急グッズの販売や17年で創立80周年を迎える川崎鶴見臨港バスの展示、ノベルティの配布などを行う。

なお、会場内の商品の購入はバルチケットのみ使用可能。チケットは1セット1000円(100円×8枚、50円×4枚)と1セット500円(100円×4枚、50円×2枚)の2種類を会場内で販売する。